« LA-LA LANDの新譜2009/02/18 | トップページ | ……のようなもののサントラ »

2009年2月18日 (水)

CORALINE

CORALINE

amazon

『サンドマン』や『スターダスト』の原作者、『ベオウルフ』の脚本家ニール・ゲイマンによる児童向けダークファンタジーの映画化。監督は『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』や『ジャイアント・ピーチ』のヘンリー・セレックで、ストップモーションによる人形アニメ。
 音楽はフランスの作曲家ブリュノ・クーレ。『クリムゾン・リバー』や『WATARIDORI』などが有名か。いまいち作風がはっきりせず、作品毎にがらっと変わっているのだが、今回もダニー・エルフマンに影響を受けたと思われる個所が耳につく。もっとも、それは一部で大半はフランスらしいエスプリを利かせたちょっと狂った世界。基本はハンガリー交響楽団とコーラスによる演奏で、劇中歌は小編成バンドによる演奏。どちらも分厚い音ではない。歌もやっぱりどこかおかしく、原作の雰囲気がよく出ている。

コララインとボタンの魔女

著:ニール・ゲイマン 刊:角川書店

amazon

 原作邦訳。小さい子供が夜読むと泣くかも。不気味な世界を少女の生意気な視線で描くことでどことなく楽しげに見せてしまっているが、よく考えるとやっぱり不気味。

|

« LA-LA LANDの新譜2009/02/18 | トップページ | ……のようなもののサントラ »

サントラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/44101130

この記事へのトラックバック一覧です: CORALINE:

« LA-LA LANDの新譜2009/02/18 | トップページ | ……のようなもののサントラ »