« 訃報他 | トップページ | INTRADAの旧作新譜2009/01/20 »

2009年1月19日 (月)

ファウンデーション

★これまでも映画化の話が出ては消えていったアイザック・アジモフのSF小説『銀河帝国の興亡』(その最初に書かれた3部作)だが、ついこの間行われたオークションで、コロムビア・ピクシャーズが映画化権を落札した模様。しかし、問題はその条件。コロムビアはローランド・エメリッヒ(『ID4』や『紀元前1万年』の監督)率いるセントロポリスとの共同製作ということで落札したのだ。ちなみに、他の入札には20世紀フォックスとワーナー・ブラザーズがあり、ワーナーはアレックス・プロヤス監督という条件だったらしい。まあ、プロヤスはアジモフのロボット物やってるけどさぁ。
 とにかく、セルダン計画がただの頭の悪い陰謀じみた話になったり、心理歴史学者たちがジャングルや廃墟の中を探検したりしないように祈ろう。まあ、その前に予算の関係でまたポシャる方に一票。いや、エメリッヒの頭ではまとめられない方が確実か。

|

« 訃報他 | トップページ | INTRADAの旧作新譜2009/01/20 »

映画ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/43790623

この記事へのトラックバック一覧です: ファウンデーション:

« 訃報他 | トップページ | INTRADAの旧作新譜2009/01/20 »