« 映画ネタ23 | トップページ | UP »

2008年11月10日 (月)

TWILIGHT

TWILIGHT

amazon

 ステファニー・メイヤーのヤングアダルト・ホラーファンタジーシリーズを映画化。ヴァンパイアの青年と人間の少女の禁断の愛を描く。『ロミオとジュリエット』吸血鬼版というところ。『パニックルーム』でデビューしたクリスティン・ステュアート、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のセドリック役ロバート・パティンソンが主人公を演じる。監督は美術デザイナー出身で、『サーティーン あの頃欲しかった愛のこと』や『ロード・オブ・ドッグタウン』で青春を描いてきたキャサリン・ハードウィック。アメリカでは11月21日公開。
 音楽は『ファーゴ』などコーエン兄弟の映画の常連カーター・バーウェル。他に『ロック・ユー!』や『陰謀のセオリー』、『ブレアウィッチ・プロジェクト2』などもやっているが、ホラーはともかく青春映画というのはどうだろうか。

TWILIGHT

amazon

 こちらは先に発売済みのコンピレーション盤サントラ。スコアは1曲で、ターゲットをにらんでLinkin Parkなどのハード系の歌やポップスが収録されている。

トワイライト〈1〉愛した人はヴァンパイア

amazon

 原作単行本。3年前の出版で、ターゲットが中高生というライトノベルを意識した装幀。シリーズは今年に入っても出ているようだ。

トワイライト(上)

amazon

 原作文庫。装幀を一般向けにしてある。

|

« 映画ネタ23 | トップページ | UP »

サントラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/43018987

この記事へのトラックバック一覧です: TWILIGHT:

« 映画ネタ23 | トップページ | UP »