« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の記事

2008年10月31日 (金)

インディ・ジョーンズのサントラ単品

 もう、消えたり増えたりわけわかりませんが、シリーズ3作の単独サントラ輸入盤が11月25日にリリースされるようです。日本盤はなくなったようですが、これが出るならそのうちでるのか? しかし、内容はその前に出るBOXセットと同じようですので、ボーナスCDの分は未収録。4作目と同じデジパック仕様。値段を考えると割高か。

レイダース/失われた《聖櫃》
@TOWER

インディ・ジョーンズ魔宮の伝説
@TOWER

インディ・ジョーンズ最後の聖戦
@TOWER

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BUYSOUNDTRAXの新譜2008/10/31

 うちのサイトのお客さんを含めて問題続発中のBSXからまた新譜。

Splinter"SPLINTER"(2008)

■BSX
■SAE

 今年の新作ホラーのサントラ。特撮畑出身のトビー・ウィルキンス監督作品。最新作は『呪怨3』だがDVDスルーのようだ。音楽は『パルス』や『クライモリ』などB級ホラーが多くなってしまったエリア・クミラル(発音はスミーラルが近いらしいが)。
 限定1000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

007/慰めの報酬

007/慰めの報酬

amazon
@TOWER

 大ヒットした『007/カジノ・ロワイヤル』の続編で、前作のラストから直接続く。復讐のために任務そっちのけで暴れまくるボンドにMも手を焼く。『007/消されたライセンス』のような展開か。一応、原作は短編『ナッソーの夜』ということになっている。
 音楽はこのところ連騰が続いているというより、007の顔になりつつあるデイヴィッド・アーノルド。スコア23曲とアリシア・キーズとジャック・ホワイトによる初のデュエット主題歌"Another Way To Die"を収録。前作はアーティスト側の主義でサントラに主題歌が収録されないという前代未聞の事態になったが今回は無事収録。しかし、主題歌を先に聴いてみると、個人的には歴代ワースト。こういう歌メロなしで、とってつけたような007っぽい音を加えたのは受け付けられない。アーノルドはノータッチだし。
 さて、スコアだが、映画が106分と007史上2番目に短い(最短は『007/ドクター・ノオ』で105分。最長は前作で144分)のに比例して、スコアも57分。前作がCDの限界まで入っていた上に、iTUNES限定で収録しきれなかったスコアを販売していたことを考えると対照的。アーノルドとオーケストレイターのニコラス・ドッドのコンビは同じなので、方向性も前作から変わっていない。ボリビアが舞台になるためにギター、マンドリン、チャランゴが加わった曲があるくらいか。復讐というテーマから想像するような爆発的なパワーを持った曲がないが、前作のモチーフを引き継いだ部分もあり、シリーズとしてはOK。もちろん、前作では前面に出てこなかった007のテーマもあちこちに顔を出す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!

amazon
@TOWER

 ファンの熱烈な支持で日本公開されたイギリス映画が、ついに12月4日、日本でDVD発売。アメリカで出ている3枚組豪華版ではないのが残念だが、出るだけよしとするか。とにかく、アクション映画を愛するファンは必見の、愛すべきおバカ映画である。
 なお、初回生産限定特典として、日本オリジナルのパンフレットが封入されてるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

ダークナイトSE

Darkknightspダークナイト

amazon

 大ヒットした記念だろうか。サントラの特別版が12月8日にリリースされる。現在amazonで5856円と妙に高いから、さぞ豪華な――『ロード・オブ・ザ・リング』のサントラBOXのように――仕様なのかと思っていたら、少なくとも今わかっているところから考えると妙に高い。『300』で盗作問題が判明した後、豪華版が出たが、あれを思わせる。まあ、あれは再使用料を二重払いしたので、おまけをつけてついでに出してしまったというあくどい商売だったのだが。あれもワーナーだったよな。
 で、仕様。2枚組で1枚は既発のサントラとまったく同じ。もう1枚は10曲追加して、リミックスが4曲収録されている。40ページのブックレットをつけて、特別仕様のケースに収めたというところ。正直言って、既発サントラだけで充分なんだが……。聴き通すと疲れるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

オメガマン

Omegaman2地球最後の男/オメガマン』(1971)
"THE OMEGA MAN"

■SAE

 リチャード・マシスン原作『吸血鬼』あるいは『アイ・アム・レジェンド』をチャールトン・ヘストン主演で映画化したクラシック。音楽はロン・ゲイナー。
 2000年にFSMで限定3000枚でCD化したものだが、完売し、オークションでCD-Rコピーが出回るという事態に、FSMは再発売を決定した。その際、ジャケットを刷新し、冊子になったライナーノートをなくした。ライナーノートはネットで読める(こちら)上に、新たに書き起こされた原稿も追加になっている。さらに2000年当時になかった素材やミスを訂正した完全版といえる内容。
 とはいえ、個人的には映画はともかく、音楽はピンと来ないので、どうしてそんなに人気があるのか理解できないのだった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

INTRADAの旧作新譜2008/10/21

 隔週刊INTRADAの時間です。今回は前回予定されていた1作品のみです。

Desireundertheelms楡の木蔭の欲望』(1958)
"DESIRE UNDER THE ELMS"

■INTRADA

 ソフィア・ローレン主演のドラマ。音楽はエルマー・バーンスティーンで、サントラは初リリース。
 限定3000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

STAR TREK

Startr_2 JJ・エイブラムズ監督の"STAR TREK"のスチールが公開された。《ENTERTAINMENT WEEKLY》誌に載った写真がこちらのサイトにて公開されている。制服がオリジナルTVシリーズに準拠しているのが素晴らしい。俳優のイメージもなかなか近くて。この情報小出しがエイブラムズの戦略か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲームサントラ×2

 XBOX360用ゲームのサントラを2枚。

ギアーズ・オブ・ウォー2

amazon

 マイクロソフト製作の大ヒットしたサードパーソン・シューターの続編。エイリアンと戦う別惑星の人類を描く。音楽は前作よりもパワーアップして映画界から引っ張ってきた。『トランスフォーマー』のスティーヴ・ジャブロンスキー。オケはスカイウォーカー・シンフォニーとコーラス。11月11日発売。ゲームの方は日本発売がまだ決まっていないようだ。

FABLE II

amazon

 ピーター・モリニューが製作総指揮をするファンタジーRPG。主人公の行動の善悪によって外観が代わり、周囲にも影響を与える。前作から数々のパワーアップがなされている。音楽は前作同様にダニー・エルフマンがメインテーマを、ラッセル・ショウがその他の部分を担当する。11月25日発売。ゲームは12月18日発売。

 もうひとつの12月18日発売のゲーム『プリンス・オブ・ペルシャ』はサントラのリリース予定がないが、初回発売分にはサントラがついてくるようだ。こちらは『CRYSIS』などのゲームを手がけたアイノン・ズール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

ブラピが宇宙を漂流?

『マッド・マックス』のジョージ・ミラー監督とワーナー・ブラザーズがブラッド・ピットと組んで、ホメロスの『オデュッセイア』の宇宙版を計画中とか。ブラピとホメロスと言えば『トロイ』である。この中でアキレスを演じたブラピが今度はオデッセウスを演じるわけだ。ちなみに『トロイ』の中ではオデッセウス役はショーン・ビーンだった。しかし、宇宙を漂流といえば、『虎よ虎よ』なんだが。そういえばタイトルはどうなるんだろう? やっぱり『スペース・オデッセイ』?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

007悪役腕時計

007swatchスウォッチ 007 VILLAIN COLLECTION

 スウォッチが007の悪役をモチーフにした腕時計を作ったのは知っていたが、amazonでも販売していたとは。というわけで、今頃になって紹介。画像をクリックすると、amazonの特集ページに飛べます。全21作すべての悪役をイメージしてデザインされてます。サメディ男爵なんてかわいいなぁ。でも、腕時計なんて最近全然しないからなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月14日 (火)

終わりなき戦い

★リドリー・スコット監督は企画を進めていたオルダス・ハクスリーによるディストピア小説『すばらしい新世界』を中断して、新しい企画を進行させる。ネビュラ賞、ヒューゴー賞、ローカス賞を受賞したジョー・ホールドマンのSF『終わりなき戦い』である。『ブレラン』以来久しぶりに監督がSFに挑む。どっちもSFだけど、戦争物もSFも撮った監督だけに最適な選択に思える。期待。

★中国の映画会社で『ムーラン』の実写映画を撮影する計画があるようだ。

★パラマウントとのパートナー契約が切れたドリームワークスはユニバーサルと契約を結んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BUYSOUNDTRAXの新譜2008/10/14

 問題の多い通販店ことBUYSOUNDTRAXの旧作新譜限定盤。

Deathstalker_gifキルボット』(1986)
"Chopping Mall"
勇者ストーカーの冒険』(1987)
”DEATHSTALKER II:DUEL OF THE TITANS"

■BSX
■SAE

 ロジャー・コーマン製作、ジム・ウィノースキー監督、チャック・シリノ音楽のコンビで贈るB級映画がカップリング。日本じゃ大半がDVDスルーするような作品ばかりである。もちろん音楽も究極の安っぽさ。
 限定1000枚

Prince_darknessパラダイム』(1987)
"PRINCE OF DARKNESS"

■BSX

 ジョン・カーペンター監督のオカルト。もちろん音楽もカーペンターとアラン・ハワース。ベンベンである。このベンベンとこのベンベンは違うのである。過去に出ていたサントラとの違いは完全版83分+アルバムヴァージョンの2枚組ということである! カーペンターが2枚組!
 アラン・ハワースの個人レーベルからで、BSXが販売する。
 限定1000セット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FSMの旧作新譜2008/10/14

Grandprixグラン・プリ』(1966)
"GRAND PRIX"

■SAE

 ジョン・フランケンハーマー監督、ジェイムズ・ガーナー、イヴ・モンタン、三船敏郎主演のF1グランプリのレース映画。音楽はモーリス・ジャール。かつて出ていたCDはLPと同内容で、今回は20曲+バージョン違いとアルバムヴァージョンを収録して71分。
 限定3000枚

Chips2白バイ野郎ジョン&パンチ』(1979-80)
"CHiPs"Vol. 2: Season Three

■SAE

 ヒットTVシリーズのサントラ第2弾。音楽はTV時代でブレイク前のアラン・シルヴェストリ。
 限定3000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

NIGHTMARE REVISITED

NIGHTMARE REVISITED

amazon
@TOWER

日本盤は10月22日発売
amazon
@TOWER

 ハロウィンの季節になると『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』のDVDやCDがプッシュされるようになり、フィギュアや食玩も登場し、昨年はサントラの特別版が出たりしたのだが、今回は新録音だ。しかも、色々なアーティストがサントラに沿ってカバーした新録音ばかりのアルバム。アーティストはEVANESENCEのエイミー・リー、MARILYN MANSON、吉田兄弟、KORN、RISE AGAINST、SHINY TOY GUN、FLYLEAF、POLYPHONIC SPREEにダニー・エルフマンなど。半分は知らないアーティストなので、これがアーティストの本来の音なのかどうか判断できない。しかし、激しいロックは数曲だけで、ロシア調の"OVERTURE"とか、津軽三味線とか、ジャズカルテットとか、なかなか斬新である。曲自体の出来は保証済みなので、どうアレンジされているかだけでも充分聴けると思う。ファンなら「イメージを壊される」などと言わずに一聴をお勧めする。
 CDケースはデジパックで、エンボス加工された上に特殊印刷されたなかなか雰囲気のあるもの。
 なお、日本盤にはFACTによる"SALLY'S SONG"がボーナスになっているようだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

イルカの日

Dayofthedolphinイルカの日』(1973)
"THE DAY OF THE DOLPHIN"

■PERCEPT
■SAE
@TOWER

 マイク・ニコルズ監督、ジョージ・C・スコット主演のサスペンス。音楽はジョルジュ・ドルリュー。日本では2度もCD化されている人気作なのだが、アメリカでは今回が初めてというのは妙なものだ。日本では公開時にイルカのファーとビーの声が収録されたメインテーマがEPで出ており、2度目のCDにはそれが収録されていた。今回のCDは全25曲と10曲も増えているが、そのメインテーマが収録されているかどうかは不明。
 PERCEPTからのリリースで、限定1500枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

A History Of Film Music

A History Of Film Music

amazon

著:メルヴィン・クーク 刊:ケンブリッジ大学出版

 ノッティンガム大学の教授による映画音楽の歴史本。ハードカバーもあるが、これはペーパーバッグ。それでも枕になりそうだが。サイレントから現在までの映画音楽を概観しているが、珍しくハリウッドだけではなく欧州、インド、アジア、ロシアまで広範囲に及ぶ。日本についても14ページを割いている。もう少し詳しい説明は出版社のサイトをどうぞ。500ページものヴォリューム、しかも、英語なんもんで読み通せるかどうかは不明。誰か翻訳して。しかし、どうして表紙が『ジョーズ3』なんだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

INTRADAの旧作新譜2009/10/07

 恒例隔週刊INTRADAの時間です。今回は予定では2作品だったが、1作品のみ。

Speciesスピーシーズ/種の起源』(1995)
"SPECIES"

■INTRADA
@TOWER

 シリーズ化もされたSFエロティックホラー第1作。ホラー映画の常連クリストファー・ヤングによるSFホラースコア。正規盤は初リリース。過去に出たプロモ盤より3曲多い15曲56分にシンセのみのスコア3曲10分を追加。
 限定3000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

インディ・ジョーンズ・サントラBOX(改)

IndyboxINDIANA JONES THE COMPLETE SOUNDTRACKS COLLECTION

amazon
@TOWER

 ずいぶんと情報に振り回されてしまいましたが(それが楽しいんですがね)、こういうイベントは滅多にない(その前はスーパーマンBOXだった)ので、あちこちから情報を集めて取捨選択をして、ああでもないこうでもないと考えているのがおもしろいのです。それに付き合わされた方はたまったもんじゃないと思います。申し訳ない。でもまあ、その時点では最新の情報を届けるのがひとつの義務みたいになっているのでご容赦ください。

 どうやら輸入盤BOXだけの発売になったようです。レイダース単独も日本盤バラ売りもなし。収録曲は次のようになりました。レイダースは過去に出た長尺盤からレイダースマーチを抜き、3曲追加し、1曲を分割した22曲。魔宮は倍増して22曲。聖戦は6曲増え、1曲目(若きインディの冒険)が長くなって19曲。どれも70分を越えそう。
 そして、問題のボーナスCDの内容が判明しました。

01. Raiders March (from Raiders of the Lost Ark)
02. Interviews with John Williams, Steven Spielberg and George Lucas, Hosted by Laurent Bouzereau
03. Uncovering the Ark (from Raiders of the Lost Ark)
04. Indy and the Villagers (from Temple of Doom)
05. The Secret Passage (from Temple of Doom)
06. Father's Study (from Last Crusade)
07. Marcus Is Captured/To Berlin (from Last Crusade)
08. To the Blimp (from Last Crusade)
09. The Blimp Turns Around (from Last Crusade)
10. Death of Kazim (from Last Crusade)
11. Wrong Choice, Right Choice (from Last Crusade)
12. Return to the Village/Raiders March (from Temple Of Doom)

 ということで、1曲目はレイダースでカットされたレイダースマーチ、2曲目はインタビュー、3曲目はLPにのみ収録の「魂の井戸」長尺版の後半部分、9曲目はタイトルが変わったものの従来盤に収録されていた曲のようです。残りはすべて初収録。すべてあわせると、3作についてはかなり完全版に近い形になりそうです。

10月10日追記:レイダースのアメリカ盤はSAEによれば来年に延期になったとのこと。そこまでして出す意味があるのかどうかわかりませんが。

10月27日追記:収録時間が判明した。レイダースは過去に出た長尺盤からレイダースマーチを抜き、3曲追加し、1曲を分割した22曲74分。魔宮は倍増して22曲75分。聖戦は6曲増え、1曲目が長くなって19曲77分。ボーナスCDにはウィリアムズとスピルバーグ&ルーカスのインタビュー18分の他に、3作品から入りきらなかった曲を11曲33分収録してある。
 ちなみにボーナストラックを加えると、レイダースは24曲82分、魔宮は25曲85分、聖戦は25曲91分となる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

映画ネタ21

★PS2、PSPと来て、最新作は来年予定のPS3用ゲーム『ゴッド・オブ・ウォー』の映画化の噂はあったが、ついに公式に『X-MEN3』のブレット・ラトナー監督で動き出す模様。クレイトスは誰がやるんだ?

★アメリカで本日発売のDVD&BD『アイアンマン』のボーナスとして、追加シーンや削除シーンなど満載。その中でILMのSFXシーンがウェブで公開された。
ILM Iron Man Test

★すでにサム・ライミ監督、トビー・マクガイアの続投が報じられている『スパイダーマン4』で、MJ役のキルスティン・ダンストも続投することがわかった。個人的には微妙……。ライムが撮ると綺麗に見えないんだよなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ダークナイトDVD&BD化

ダークナイト

 アメリカでは史上2番目の興収を上げた化け物映画がDVD&BD化。日本では評価は高いが、興行はあまり奮わなかったが、内容の重苦しさの割には健闘したと思う。発売は12月10日。

amazon
@TOWER

 2枚組通常版DVD。

amazon
@TOWER

 こちらは初回限定のバットポッド・フィギュア同梱版。それ以外は同じ。
 他にBDも通常版とフィギュア同梱版の2種類が同時発売される。

スピードレーサー

 こちらは日米ともに興行が奮わなかったが、個人的にもツボにはまったウォシャウスキー兄弟の大健闘作。発売は11月19日。

amazon
@TOWER

 2枚組通常版DVD。

amazon
@TOWER

 こちらは初回限定のマッハ号フィギュア同梱版。それ以外は同じ。
 他にBDも通常版とフィギュア同梱版の2種類が発売される。

 ワーナーは同時にBDとして『ポルターガイスト』や『クオ・ヴァディス』、『ビートルジュース』、『ポーラーエクスプレス3D版』(3Dメガネ付)などの発売も発表した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星の流れる果て

Notwithout星の流れる果て』(1991)
"NOT WITHOUT MY DAUGHTER"

■LA-LA LAND
@TOWER

 ブライアン・ギルバート監督、サリー・フィールド主演の実話に基づいたサスペンス。イラン人の夫に誘われて、娘と共にイランに行ったアメリカ人女性。しかし、夫はイランに着くや暴力夫となる。女性の地位が低いイスラム世界で虐げられる女性が娘と共に脱出するまでを描く。
 音楽はジェリー・ゴールドスミス。これまでINTRADAからサントラが出ていたが廃盤でプレミア価格がついていた。今回は5曲4分半増え、ソースミュージックとオーケストラのみの組曲を追加した。ナショナル・フィルによるフルオケにシンセの打ち込みを加え、得意のサスペンスと娘を想う女性の心情を描き出す。マイナーだが、聴き応えのある佳作。限定3000枚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »