« 映画ネタ19 | トップページ | 映画ネタ20 »

2008年9月30日 (火)

LOTRの音楽

『ロード・オブ・ザ・リング』のサントラ情報。いつまでたってもシンフォニーが出ないわけですが、完全版で解説を書いているダグ・アダムスがずっと書いている解説本の情報が出ました。出版は今年の11月頃だった予定が、諸般の事情で来年の11月頃(2009年第4四半期)になったようです。
 で、その内容に目が点に、いや、涙目に。

THE MUSIC OF THE LOTR FILMS
 解説本。COMPLETE RECORDINGSのライナーノートとネット版解説に加えて、何章か追加。スコアの学習や解説のための映像やレア音源を収録したマルチメディアディスクが1枚か2枚ついてくる。比較のためにヴァージョン違いのテーマなども収録する。通常版と豪華版の2種。中身は同じ模様なので、恐らく装幀の違い。

LOTR: THE RARITIES ARCHIVE
 解説本につくディスクと同じようなものだが、収録内容が多く、サントラ未収録曲がすべて入る(ちょっと待て。つまり、CONPLETE RECORDINGは完全じゃなかったってことかい?)。ワーナーからのリリース。

MASTER BOX(タイトル未定)
 トリロジーの完全版に加えて、LOTR: THE RARITIES ARCHIVEがつく。

THE WHOLE ENCHILADA(タイトル未定)
 MASTER BOXに加えて、THE MUSIC OF THE LOTR FILMS豪華版がつく。

 元々、THE MUSIC OF THE LOTR FILMSは著者の個人的なプロジェクトだったので、資金的にも限界があり、収録される音源なども限界があった。それがワーナーの協力で他の音源も入れられるようになったものの、リリースもワーナーになり、種類が増えてしまったというのが顛末のようです。厄介な。どれを買えと? ってか、THE WHOLE ENCHILADAって幾らなのよ?

10月7日追記:THE RARITIES ARCHIVEについて。未使用音源ということで、別ヴァージョンやシンセモックアップ(モチーフなどを監督に提示するためにシンセで作ったもの)など。実際に映画に使用されたものはCONPLETE RECORDINGSですべてということか。ディスクについては、解説本も同様にDVDになる可能性が大きいようだ。

|

« 映画ネタ19 | トップページ | 映画ネタ20 »

サントラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/42640681

この記事へのトラックバック一覧です: LOTRの音楽:

« 映画ネタ19 | トップページ | 映画ネタ20 »