« 真実の剣 | トップページ | VIDEO GAME LIVE VOLUME ONE »

2008年8月 3日 (日)

戦争映画音楽傑作選 男たちへagain

 猛暑の中、渋谷まで。渋谷公会堂がC.C.Lemonホールになってから初めてだ。大きなレモンが違和感あり。ミストで涼みながら知り合い3人に会い、話しながら開場を待つ。ゲネプロが長引いて、開場時間になっても席に着けない。まあ、それでも開演は数分遅れただけだった。前回同様、客は少ない。キャパ2000人のところ、ざっと見て500人いるかというところ。それでも昨年よりも多い(^_^;) 宣伝の方法や方向性を考え直さないと無理だろう。
 曲目はザ・ロック、バックドラフト、パットン大戦車軍団、鷲は舞い降りた、大脱走、プラトーン、ブレイブハート、戦争のはらわた、栄光への脱出、Uボート、プライベートライアン、シンドラーのリスト、アポロ13。最初の3曲くらいは演奏がばたばたしてまとまりがなかったが、4曲目くらいから響きがまとまってきた。ブレイブハートでバグパイプ奏者が客席を練り歩いたのがおもしろい。譜面はオリジナルスコアではなく、すべて新たに譜面を起こしたもの。違いはあるが、コンサートなのでそれもまた一興。
 戦争映画というくくりだったが、ブレイブハートが入ったら、史劇は全般的にOKだな。そっち系をリクエストしてみるか。もちろん、プロデューサーは次もやる気らしい。
 終演後、4人で台湾料理麗郷に久しぶりにいって、紹興酒を呑みながらオタクな話に興じ、23時すぎに帰宅。

|

« 真実の剣 | トップページ | VIDEO GAME LIVE VOLUME ONE »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
私はパラパラとしか人のいない二階席にいたので、一階席の様子は分かりませんが、500人というのでは、オレンジ色がまぶしいはずですね。
ジェームズ・ホナーの曲を生で聴いたことがないので、「ブレイブハート」と「アポロ13」には素直に感動しました。ちゃんとした合唱団がつけば「バックドラフト」も「プライベート・ライアン」ももっと迫力が増すのに、そんな日はまだ来そうもないですね。

投稿: take9296 | 2008年8月 4日 (月) 20:13

書き込みありがとうございますm(_ _)m
500人というのは2階に100人くらいいるとしてなので、そんな状態だったならもっと少ないですね。次はどうなることやら。

投稿: SOW | 2008年8月 4日 (月) 20:27

二階は五十人ぐらいでした。
去年は、オペラシティでやったそうで、今回よりもっと少なかったというお話でしたよね。想像するだけで、猛暑対策になりそうです。
映画音楽ファンや吹奏楽ファンはもっといると思うので、後は宣伝のしかたでしょうか。あまり「男」「戦争」「戦士」を売りにすると、引いてしまう方も多いでしょうし。
関係ないけど、昔、新日本フィルが「丸ごとジョン・ウィリアムズ」というコンサートをすみだトリフォニーホールでやったときは、もっと入っていた思います。
ちなみに私は朝日新聞の夕刊の小さな広告でコンサートの存在を知りました。

投稿: take9296 | 2008年8月 4日 (月) 20:46

亀レスですがご勘弁。
クラシックコンサートの場合は固定客が見込めるんですよね。
桐朋、芸大、その他音大出身者や親族、弟子筋など横のつながりです。
それにプロオケならフランチャイズのホールがあるのですが今回は
混成オケでクラシックホールでもありませんでした。
つまりクラシックファンにも映画ファンにもアピールしない中途はんぱな
ジャンルなんですよ。トリフォニー/ウィリアムズコンサートは私も行って
いますが新日本フィルがきっちり動員をかけたということでしょう。
この企画に限ったことではありませんが映画音楽のコンサートは微妙です。
ボストンポップスのようにオケそのものの人気がないと苦しいのです。

投稿: 椰子 | 2008年8月16日 (土) 23:47

>椰子さん
 その論法で行けば前回はもっと客が入るはずなんですよね。プロオケで、クラシック用ホールでしたから。

投稿: SOW | 2008年8月17日 (日) 00:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/42061057

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争映画音楽傑作選 男たちへagain:

« 真実の剣 | トップページ | VIDEO GAME LIVE VOLUME ONE »