« 今月の新作サントラ | トップページ | 地球が静止する日 »

2008年7月 3日 (木)

スカイ・クロラ

Sc_posterスカイ・クロラ

 森博嗣の小説を押井守が監督したアニメーション。公式サイトはこちら
 ありがたいことに完成披露試写に誘ってくださった方がおられたのでいそいそと観に行く。
 これまで押井監督はプロの声優にこだわってきたが、今作は菊地凜子、加瀬亮、谷原章介、栗山千明という俳優をメインキャストに据えた。その4人が揃って登壇。おまけに押井監督は1/2スケールの戦闘機にもたれかかった姿で、スモークと大音響と共に舞台にせり上がってきた。似合わねー。
 さて、映画だが、原作は未読なのでどれだけ違うのか不明。しかし、物語そのものはリーフレットで触れられた以上のことは何もなかった。2時間という長尺だが、内容は皆無といってもよい。はっきり言って、途中で睡魔に襲われた。『イノセンス』もおもしろく観られたのに。
 戦闘機はすべてCGI。動きは素晴らしいと思うのだが、操縦している描写があまりないので、感情が揺さぶられることがない。しかし、それはこのドラマがすべてその調子だからだ。登場人物の誰にも感情移入ができない。いや、それを拒否しているようだ。それが狙いかもしれないとも思ったが、それが受けるとも思えない。
 凄かったのはスカイウォーカーサウンドで収録された音響。ミキシングだけではなくて、サウンドデザインもやっているので、エンジン音はもとより、何気ないSEひとつひとつに力がある。
 押井といえば川井憲次の音楽。いつも新作で組むたびに新しいことをするのだが、今回はそれがなかった。空戦シーンの音楽は燃えるし、単調なメロディもいいし、再び登場のオルゴールの音色も良い。しかし、これまでの集大成という感じ。レベルは高いのだが。
 その川井憲次によるサントラは7月25日発売。
amazon
@TOWER

|

« 今月の新作サントラ | トップページ | 地球が静止する日 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/41700212

この記事へのトラックバック一覧です: スカイ・クロラ:

« 今月の新作サントラ | トップページ | 地球が静止する日 »