« ORCHESTRAL SERIES VOL.3 | トップページ | 黄泉がえりリメイクなど »

2008年5月21日 (水)

ナルニア国物語:カスピアン王子の角笛

Chronicles_of_narnia_prince_caspianナルニア国物語:カスピアン王子の角笛

 シリーズ第2弾。原作は未読。おそらく、前作同様に大筋はそのままで、戦闘シーンは大幅に膨らませてあるのだろう。冒頭が向こうの世界というのはオリジナルと思われる。話がストレートなので、印象が散漫になったりすることもなく、一本の映画としてよくできている。新キャラであるネズミのリーピチープなどがきちんと活躍している上に、4人兄弟の成長と王子との葛藤なども上手く描けている。まあ、話はこんなもんでしょう。

ナルニア国物語:カスピアン王子の角笛

amazon
@TOWER

 前作に引き続いてハリー・グレッグソン=ウィリアムズによるスコア。他に4曲のヴォーカル曲が収録されている(そのうち1曲は劇中で未使用)。前作はDVD同梱の豪華版があったが、今回は1種類のみ。
 人間と魔法(あるいは古くからの存在たち)の戦いという明快な筋があるせいで、音楽も活劇シーンが多く、そこに前作から引き継いだアスランのテーマなどを配し、聞きやすくなっている。言いようによって他のファンタジー映画と変わらなくなったと言えなくもないが、完成度は高い。前作同様、RCの面々は関わっていない単独作。録音はロンドン。リスベス・スコットのヴォーカルや、リチャード・ハーヴェイも参加している。

 ちなみに第3作『朝びらき丸東の海へ』は2010年5月公開予定。監督はこれまでのアンドリュー・アダムソンから『007/ワールド・イズ・ノット・イナフ』や『ネル』などのマイケル・アプテットに交代する。それにともない、音楽もずっとコンビを組んでいるデイヴィッド・アーノルドに交代するようだ。これまでのテーマが使われることになるのか、それとも仕切り直しになるのか興味深い。
 話の内容は原作では4兄弟の内、弟と妹に従兄が加わった三人にカスピアン王が船で旅をするのだが、映画向けに変更があるのかどうか。

|

« ORCHESTRAL SERIES VOL.3 | トップページ | 黄泉がえりリメイクなど »

サントラ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

昨日鑑賞後にサントラ購入しました。「アスランのテーマ」素晴らしいメロディが存分に堪能でき満足しました。 3作目で作曲者変更は「アスランのテーマ」や前2作のラスト近辺でかかるファンタジックな曲(今作12曲目)のメロディが無くなってはシリーズの雰囲気というか統一感が失われそうで、少し心配ですが、アーノルドはボンドのテーマ曲もジャンジャン鳴らすので杞憂に終わって欲しいところです。

しかし、長女役のドブスが映画の完成度(雰囲気)を30%位損なっている気がします。おたふく顔ではカスピアン王子との仄かなロマンスも嘘臭いし、表情もブス特有の僻み・嫉みが染みでている意地悪そうな気がして・・・他の3人のイメージが良いだけに非常に残念です。

投稿: GOLDDAMIEN | 2008年5月25日 (日) 15:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/41215086

この記事へのトラックバック一覧です: ナルニア国物語:カスピアン王子の角笛:

« ORCHESTRAL SERIES VOL.3 | トップページ | 黄泉がえりリメイクなど »