« 紀元前1万年 | トップページ | サント映画祭 »

2008年5月 1日 (木)

相棒-劇場版-

Aibow相棒-劇場版-

 というわけで、本日映画の日の2本目は相方と一緒に行きました。
 2時間ドラマから始まって、シリーズ化され、シーズン6が終わったばかりで、満を持しての劇場版。最初の頃は見ていなかった。恐らく、シーズン3からポツポツと見始めたはず。なので、映画化にあわせて初期の作品を放映してくれたのはありがたい。昨日のTV朝日はずっと番宣状態だったし、《徹子の部屋》は爆笑した。明日は最初の2時間ドラマの特別版だし。
 さて、映画版ということで、スケールアップというのは常套手段だが、それだけではなく扱う題材がさらにシリアスになっている。舞台も結果も違うが、脚本は現実にあったあの事件をイメージしているのは間違いないわけで、見終わった後には色々な思いを抱く。エンディングが長いのが残念だが、各キャラの芝居を見るだけでおもしろかったのでよしとしよう。とにかく、凡百の劇場版とはレベルが違う。ファンなら損はなし。ただ、TVシリーズを見ているといないのとではかなり印象が違う。なんせ、名のある脇役総登場だから、過去の因縁を知っている方がおもしろいのは間違いない。
 ところで、犯人は右京がいなければどうしたのだろうか。もっとわかりやすい謎解きにレベルダウンしたか。それとも、解かれなかったなら、それはそれとして強行突入しただけだろうか。

相棒-劇場版-

amazon
@TOWER

 TVシリーズと同じく池頼広のスコア+台詞少々入りのサントラ。TVシリーズのサントラは権利関係の問題ですぐになくなってしまったとかで、現在は池頼広のベストで2曲だけしか聴くことが出来ない。
 映画版ということで、音楽も派手なものもあるが、基本はTVシリーズと同じ。メインテーマこそないが、あちこちで聞き覚えのあるメロディが出てくる。エンドクレジットはTVシリーズのエンディングの豪華版。台詞は映画の名シーン4カ所。でも、どうせなら「はいup?」とか「もうひとつよろしいですか?」を入れて欲しかった。
 AMAZONのレビューを見ると、TV版の音楽が入っていないといって文句を言う人が目立つが、それが理由で減点するのはフェアじゃないだろう。当たり前なんだから。

Ike Yoshihiro The BEST-20th Anniversary Selection

amazon
@TOWER

 TV版『相棒』から2曲(シーズン4のメインタイトル、ラストに流れる悲しげなテーマ)収録されている池頼広の2枚組ベストアルバム。他には『女王の教室』や『野ブタをプロデュース』、『京都迷宮案内』など。

|

« 紀元前1万年 | トップページ | サント映画祭 »

サントラ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/41054016

この記事へのトラックバック一覧です: 相棒-劇場版-:

» 「相棒 劇場版」高い志が感じられる作品 [soramove]
「相棒 劇場版 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン」★★★☆ 水谷豊 、寺脇康文 主演 和泉聖治 監督、2008年、117分 TVの人気シリーズということだが、 それは全く見たことが無かった、 「大丈夫かな」と若干思いつつも劇場へ。 大きな劇場...... [続きを読む]

受信: 2008年5月11日 (日) 01:06

« 紀元前1万年 | トップページ | サント映画祭 »