« スターゲイト THE ARK OF TRUTH | トップページ | ホビットの冒険動く »

2008年4月24日 (木)

アイ・アム・レジェンド

アイ・アム・レジェンド

amazon
@TOWER

 別エンディングを含む別ヴァージョンが2枚目に収録されているというので、それが観たかった。果たして、ネットで言われていたようなまったく違う設定だったのかどうか。そして、それがどこまで生きているのか。映画の感想は以前書いた通り。中盤の犬が死ぬところまでは素晴らしい。真っ暗なビルに駆け込んでいった犬を追うシーンや、そこで見る奴らの姿の不気味さなどは久しぶりにゾッとした。それだけに、その後の悲惨な展開にはがっくり来た。それが少しでもマシになっているのか?
 で、とにかく別バージョンを駆け足で見たのだが、ラストまでには大きな違いはない。女性と少年合流後、ワクチンと検体の扱いについてヒントを得るところくらいか。で、ラストなんだが、以下思いっきりネタバレ。




 原作は多数が正常であって、少数は異端。人類は少数であり、多数である吸血鬼の方が正常であるという結論に至った主人公が「俺が伝説だ!」と抵抗を続けるという結末である。決して「彼は私たちと人類を救って伝説になりました」という話ではない。だいたいこれでは「HE IS LEGEND」ではないか。
 家を襲撃された主人公たちは地下の研究室に逃げ込み、女性吸血鬼の検体に蝶の入れ墨を見て何かに気づくところまでは同じ。しかし、気づいたのは自己犠牲ではなく、吸血鬼同士の愛。襲撃は吸血鬼のリーダーが恋人を取り戻しに来たのだと。ドアを開けて検体を返しに行く主人公。ここで、予告編であった主人公に吸血鬼たちが迫るシーンが入る。そして、吸血鬼のカップルは抱擁し合い、去っていく。主人公たちはどこかに人類が生き残っていると信じて街を出る。
 つまり、公開版で伏線を張りながらまったく生かされていなかった部分――女吸血鬼を捕獲した時に身の危険を顧みずに追ってきた吸血鬼、そして、知能はないと思われていた吸血鬼が主人公を罠にかけたという2点はやはり伏線であったということ。この伏線であれば、これ以外の展開は考えられない。そして、吸血鬼に知能があり、リーダーがいたという設定は原作ゆずり。多い方が正常という考えも生かされてはいる。それはいいのだが、しかし! もの凄い問題がある。

 まったく「I AM LEGEND」ではないではないか!

 ハリウッド的にこのラストはありえないというのはわかるし、タイトルに偽りありというのもわかる。結局、どっちのヴァージョンも俺が見たいものではなかった。やはり、最初の設定から問題があったと言わざるを得ない。主人公が命をかけて血清を造ろうとする動機付け、そして、なぜ人工的に造られたウィルスに対して抗体があったのかを説明して欲しかった。とはいえ、どっちがいいかといわれたら、別ヴァージョンだろうなぁ。

|

« スターゲイト THE ARK OF TRUTH | トップページ | ホビットの冒険動く »

BD&DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/40761461

この記事へのトラックバック一覧です: アイ・アム・レジェンド:

« スターゲイト THE ARK OF TRUTH | トップページ | ホビットの冒険動く »