« 紀元前1万年 | トップページ | バック・ロジャース »

2008年3月22日 (土)

DOOMSDAY

DOOMSDAY

amazon
@TOWER

『ドッグソルジャー』や『ディセント』のイギリス人監督ニール・マーシャルの最新作はイギリスを舞台に『バイオハザード』で『ニューヨーク1997』になったグレートブリテン島の北半分が『マッドマックス2』な人々だらけで、そこにとある任務で潜入した工作員が『マッドマックス3』をするという話(^_^;) わかるよね?
 音楽は『300』の盗作騒ぎで印象が悪くなったタイラー・ベイツ。まあ、あれは監督の指示どおりだったらしいので、本人には責任はない(こともないけどさ)。で、こいつはオリジナル作品だ。全体の印象は民族色のなくなった『300』というところか。オケは余り大きくないが、シンセ打ち込みによるサポートとリズムで補っている。曲によってはジョン・カーペンターっぽいチープな打ち込みのようなものもあり、相変わらずバラバラ。それでもアクションシーンの「音楽で乗せてやる」といわんばかりのパワーは凄い。わかりやすいメロディもあり、アクションスコア好きには勧められる。
 なお、スコア以外でADAM AND THE ANTSとFRANKIE GOED TO HOLLYWOOD、ARIEL RECHTSHAID(フレンチカンカンのスカ版?)の3曲が収録されている。

 ニール・マーシャル監督の次回作はユニバーサルの"DRIVE"。逃走幇助ドライバーを内職にしているヒュー・ジャックマン扮するスタントドライバーの話だそうだ。

|

« 紀元前1万年 | トップページ | バック・ロジャース »

サントラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/40570583

この記事へのトラックバック一覧です: DOOMSDAY:

« 紀元前1万年 | トップページ | バック・ロジャース »