« モンティ・パイソン×2 | トップページ | ジャンパー »

2008年2月25日 (月)

VARESE CD CLUB

 年4回恒例のサントラ限定盤シリーズ、VARESE CD CLUBの発表があった。今回は4作品。事前に7枚だというアナウンスはあったものの、まさかそのうちひとつが4枚組なんて! それもあるが、今回は地味なラインナップ。
 購入は直販がお薦め。

Northsouth北軍と南軍』"North And South "(1985)

 TVシリーズなので、サントラファンにとっては同じビル・コンティの『ライト・スタッフ』の再録音盤アルバムに同時収録されていた作品といった方が有名かも。
 限定2500枚で、4枚組ボックスセット。

Mathildaマチルダ』"Matilda "(1996)

 ロアルド・ダール原作のブラックユーモアあふれる小説を映画化。ダニー・デビートが監督と出演。デイヴィッド・ニューマンのスコアはいい仕事をしている。今回のラインアップでは一番嬉しい佳作。
 限定1500枚。

Zapata革命児サパタ/未公開』"Viva Zapata!(1952)/ The 13th Letter(1951)"

 ジェリー・ゴールドスミスが敬愛していたアレックス・ノースの2作品。『革命児サパタ』はコンサートでも取り上げていた。再録音盤はあったが、ようやくサントラがリリース。指揮は『革命児サパタ』がアルフレッド・ニューマンで、もう1作品がライオネル・ニューマンというのも豪華。
 限定2000枚。

Caretaker『未公開/若き医師たち』"The Caretakers(1693)/The Young Doctors(1961)"

 エルマー・バーンスティーンの2作品がカップリング。
 限定1500枚。

|

« モンティ・パイソン×2 | トップページ | ジャンパー »

サントラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/40116331

この記事へのトラックバック一覧です: VARESE CD CLUB:

« モンティ・パイソン×2 | トップページ | ジャンパー »