« BLUE BOX | トップページ | すみやの現状 »

2008年2月16日 (土)

BDで一本化

 ついにHD-DVDを牽引してきた東芝が撤退を検討し始めた。
 少し前のことになるが、アメリカで大手小売店と大手ネットレンタル店が次世代ディスクとしてBDを推奨すると発表した。大手小売店BESTBUYではHD-DVDも取り扱うものの、BDを推奨するという姿勢を前面に出すという。ネットレンタルNETFLIXでは今後HD-DVDの新譜は扱わずに、在庫のあるもののみ貸し出す方針。さらに昨日、アメリカの大手小売店ウォルマートも6月以降はBDのみを扱うと発表した。小売店にそっぽを向かれては普及できない。次世代映像ディスクはBDで一本化ということになった。消費者としては嬉しい方向ではある。
 が、それで万歳かというと、なかなかそうもいきそうにない。最大のライバルは旧世代のDVDであり、ダウンロードだ。CDの次が音質優先のSACDにいかず、MP3を始めとするダウンロードに最適化された圧縮音源にいったように、消費者は画質優先よりも価格と扱いやすさを重視する。アメリカではiTUNESでの映画ダウンロードが進んでいる。SACDがオーディオマニアだけのものになったように、BDも映画やアニメオタクなどのマニア層だけで終わってしまう可能性もまだ大きい。実際、アメリカではDVDとBDの価格差はあまりないというのに、いまだにDVDの売り上げの方が遙かに大きい。プレイヤーの買い換えが進まない限り、なかなか取って代わる方向には進みそうもない。

|

« BLUE BOX | トップページ | すみやの現状 »

BD&DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/40097750

この記事へのトラックバック一覧です: BDで一本化:

« BLUE BOX | トップページ | すみやの現状 »