« のだめカンタービレSP1 | トップページ | 007切手 »

2008年1月 8日 (火)

トワイライトゾーン/超次元の体験

トワイライトゾーン/超次元の体験

amazon
@TOWER

 往年のTVシリーズをスティーヴン・スピルバーグが製作・共同監督したオムニバス映画。これまでDVD化されていなかったが、ようやく3月7日に発売になる。オムニバスの常で、上映時間のわりに見終わると、「え? もう終わり?」という感想になってしまうが、内容はそれなりに詰まっている。スピルバーグ、ジョン・ランディス(撮影中にビック・モロー事故死でその後の監督人生に多大の影響を与えた)、ジョー・ダンテ(この作品で音楽のジェリー・ゴールドスミスと出会い、以降全作でコンビを組むことになる)、ジョージ・ミラー(オーストラリアからハリウッド進出)という4人の監督の特性を生かした(生かし切れないのもあったけどね)4話+α。やはり、ミラーのグレムリンのエピソードが最高だろう。ヴァイオリンでひっかくようなグレムリンの旋律は、ダンテの次回作『グレムリン』でも継続して使われている。
 特に映像特典などはなさそうなのが残念。日本語吹き替えは収録されているようだ。

トワイライトゾーン/超次元の体験

amazon

 映画同様、サントラも不幸な生い立ち。なかなかCD化されず、2000年にヨーロッパのワーナーから同じジェリー・ゴールドスミスの『アンダーファイア』と同時にCD化されたが、どちらもすぐに廃盤。アメリカのファンにとってはひどい仕打ちになった。コンサートでもよく演奏していたエンドクレジットの組曲など、ゴールドスミスもお気に入りの作品。

|

« のだめカンタービレSP1 | トップページ | 007切手 »

BD&DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/17623811

この記事へのトラックバック一覧です: トワイライトゾーン/超次元の体験:

« のだめカンタービレSP1 | トップページ | 007切手 »