« ウィル・スミス、ゲイマン | トップページ | 映画ネタ5 »

2007年12月29日 (土)

AVP2 エイリアンズVS. プレデター

Aliens_vs_predator_requiemAVP2 エイリアンズVS. プレデター

 シリーズ第2弾。前作は"ALIEN vs. PREDATOR"で、今回は"ALIENS vs. PREDATOR"と、エイリアンだけ複数形になっている。これには意味がある。実は前作の直接の続きになっている。今回はかなりスケールダウンした前作から色々な意味でパワーアップしている。監督は『300』や『ファンタスティック4/銀河の危機』の特撮を担当していたストラウス兄弟。
 前作も100分と短かったが、今回はさらに短く94分。だらだら長いよりはいいが、説明不足にならんのかと不安を抱きながら観賞。まあ、なんというか94分でも長く感じるような早い展開。説明もなく前作のエンディングから始まり、プレデターの母星らしき場所へ。ひとりのプレデターがプレデリアンを始末するために出動。ここまで数分。その後は日常風景とエイリアンの襲撃を交互に描き、そして、一気にパニック&戦争へ。やりたい放題やった挙げ句のエンディングに日本人は怒り心頭って感じ。まあ、それでも、ところどころにシリーズへのオマージュを捧げてくれたところは若い監督を評価しようか。
 しかしまあ、また新しい設定ですか、エイリアン。成体が口から直接卵を産み付けるって。それにクイーンでもないのにボンボン卵生むなよ。まあ、この設定は『エイリアン』のDCで復活したからいいのか。

AVP2 エイリアンズVS. プレデター

amazon
@TOWER

 音楽は『タイムライン』や『ローグ・アサシン』のブライアン・タイラー。最近のデジロックっぽいスコアではなく、オケメインで派手に鳴らして――いや、鳴らしまくっている。77分たっぷりなので、聴くだけでも体力が必要なほど。『黒の怨み"DARKNESS FALLS"』以来の鳴らしっぷり。メインテーマはアクション映画調だが、それでも部分的とはいえ『エイリアン』や『エイリアン2』を意識したようなフレーズや音を入れているのにはニンマリ。これで『プレデター』色があればいうことないと思っていたら、映画ではプレデターが出てくると、聞き覚えのあるパーカッションのリズムが出てきた。なるほど。94分の映画に70分のスコアならほぼ完全版である。 

|

« ウィル・スミス、ゲイマン | トップページ | 映画ネタ5 »

サントラ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/17214448

この記事へのトラックバック一覧です: AVP2 エイリアンズVS. プレデター:

« ウィル・スミス、ゲイマン | トップページ | 映画ネタ5 »