« インベージョン | トップページ | 脳内映画音楽家イメージ »

2007年11月 5日 (月)

川井憲次CINEMA SYMPHONY 2007

 コンサート当日。SF大会は行けなかったが、同じ会場(のホール)でコンサート。あれからあまり状況は変わっていないのだが、この規模のコンサートは当分ないだろうから仕方ない(いや、SF大会もあの規模はもうないだろうけど……)。
 私の席は前から3列目だが、右の端の方。み、見えん。幸いにも会場でお会いしたたけちゅーさんの友人が来られないと言うことで、同じ3列目の中央辺りの席を譲っていただいた。感謝。
 オケの配置は通常とはまったく違い、通常は後ろに並ぶパーカッションが中央に帯状に配置。ティンパニは2セット分。その前に和太鼓、グランドピアノ、キーボードが置かれ、指揮者は中央。オケとパーカッションの間には間仕切りがあり、レコーディングスタジオ状態。カメラは客席に3(?)、左右に固定カメラ、右にリモコンで上下するタイプ、左にアームで自由に動くタイプ、客席前にドリーと8台を越えていた。これは恐らくDVDでリリースされるだろう。しかし、和太鼓と謡いの迫力は再現出来ないだろうが。

 いきなり『めざめの方舟』の"百禽"。和太鼓と謡いでド迫力に始まり、すでにクライマックスの盛り上がり。大丈夫かいなと思っていたら『機動警察パトレイバー』から2のメインテーマ、1のオープニング。『ケルベロス』でアコギを自ら弾き、予期せぬ『御先祖様万々歳』の主題歌を児島由美が歌い、『イノセンス』の挿入歌"RIVER OF CRYSTAL"を作詞の坂本美雨自らが歌う。『墨攻』『セブンソード』『美しき野獣』『ガラスの脳』『リング』『DETH NOTE』と押井作品以外もある。そして、『アヴァロン』からはサントラ同様ポーランドの歌手がオペラを歌い上げ、名曲"LOG IN"が激燃え。『機動警察パトレイバー』の"朝陽の中へ"をライヴ感たっぷりに演奏し、川井憲次のすべてが詰まった『紅い眼鏡』から少女のテーマとエンディング、ラストは『攻殻機動隊』の謡いで盛大に〆。
 2時間50分。いや、もう満足な内容でした。押井作品が半分以上。中央辺りに座っていた監督も満足でしょう。これ以上の選曲はありえません。
 パンフレットもなければ、演目のリストの発表もなかったので、一部不確かですが。正式な演目は公式サイトにアップされてますのでどうぞ。

 終演後、なんとなく集まった12人で居酒屋へ。終演が20時過ぎだったので、2時間たっぷりオタク話をした後、帰宅は日付が変わってから。

|

« インベージョン | トップページ | 脳内映画音楽家イメージ »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/16978806

この記事へのトラックバック一覧です: 川井憲次CINEMA SYMPHONY 2007:

« インベージョン | トップページ | 脳内映画音楽家イメージ »