« バチカンの嵐 | トップページ | もやしもん2話 »

2007年10月16日 (火)

スターダスト

Stardust_ver2スターダスト

 ニール・ゲイマン原作のファンタジーを映画化した。ロバート・デ・ニーロ、ミシェル・ファイファー、ピーター・オトゥール、クレア・デーンズ、ナレーションにイアン・マッケランという豪華俳優に、若手を多数起用。監督は『レイヤー・ケーキ』に続いて監督2作目のマシュー・ヴォーン。脚本にも関与している。
 さて、中身だ。予想外だったが、原作より面白い。おおよそは原作どおりなのだが、原作では特に後半があっさりしすぎていたところを仕立て直し、キャラの整理・拡張をし、オリジナル要素も加えて、なんとなく冒険ファンタジーに造り直している。原作ではもったいなかったキャラを生かし、不要なキャラを別の要素で語り直し、映画にするならこう見せるだろうという脚色を加え、ついにはクライマックスを丸々付け加え、おかしいところは自ら突っ込みを入れてしまう。製作側はわかってやっているのは間違いない。突っ込みを入れるのがバカバカしいほど、それをわかってやっている。ファンタジーが苦手な人なら絶対に受け入れられないだろう。ダメな要素が多すぎる。しかし、このバカバカしさを受け入れられるなら楽しめる。実際、老若男女かなり幅の広い観客からの反応はかなりよかった。俳優陣もデ・ニーロとファイファーという大物が嬉々として演じて脇を締め(いや、主役を食っ)ている。

スターダスト

amazon

 こちらが原作。解説にも書かれているが、ゲイマンとしては読みやすく、内容も単純。どちらかといえば、青い鳥の寓話のような感じだ。物語そのものよりもイメージやそこに秘められた遊びのようなものを楽しむべきなのかもしれない。読んでから映画を観た方がインパクトがある。逆はあまりお勧めしない。

スターダスト

amazon
@TOWER

 こちらはサントラ。詳細は過去の日記をご覧ください。予想以上に大仰な音楽が全体をまとめている。

|

« バチカンの嵐 | トップページ | もやしもん2話 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/16769240

この記事へのトラックバック一覧です: スターダスト:

« バチカンの嵐 | トップページ | もやしもん2話 »