« October 2016 | Main

March 2017

03/13/2017

スラブ叙事詩

Mucha2 ミュシャの子孫が持ち出しに反対したりしてどうなるかと不安でしたが、ついにミュシャ展が開催されました。期間は2017年6月5日まで。会場の新国立美術館は『君の名は。』で主人公と先輩がデートしたことで聖地になってます(^_^;)

 目玉は20点からなる超大作・スラブ叙事詩。チェコとスラブ民族の歴史を描いた絵画ですが、縦4メートルとか6メートルなんていうまさに超大作。いわゆる絵画のイメージと違うのは、アール・ヌーヴォの大家であり、ポスターや宝飾デザインを長年やっていたミュシャならではで、今風のイラストレーションだと思って見ても違和感がありません。ハイファンタジーの表紙イラストだとしても問題なし。なんせ王様や天使とかもいるし。
 
 実際に20点並ぶ(実際には3個所に分かれているので20点全部並んでみられるわけではない)と壮観というか圧巻です。画集では見たことがあっても、間近でじっくり見るとやはり凄い。宝飾品のディティールはさすがミュシャだし、フレームをはみ出した演出もポスターと同じだし。それに、光による演出。どの絵にもひとりはこっちを見ている人物がいるのは訴えか、秘密の共有か。

 ところで、スラブ叙事詩は日本でも過去に2回、それぞれ1点ずつ公開されています。『ステファン・ドゥシャンの皇帝即位』が80年代末に、『聖アトス山』が90年代半ばに。私はどちらも行きましたので、この2点については再会ということになります。

 今回の展覧会ではパリ時代のポスターや書籍の挿絵、宝飾も2点展示され、スラブ叙事詩だけでなく、ミュシャのすべてが概観できるようになっています。
 とにかく、ファンタジー好きなら一度は見ておくべき!

Mucha1

 やっぱでかいのがわかる会場の様子。
 なお、スラブ叙事詩のうち、5点のみ写真撮影許可。

ミュシャ展

著:国立新美術館 , 他
刊:求龍堂

■AMAZON

 図録はAMAZONでも取扱中。重いので持って帰るのが面倒な人や、遠方で行けない人はどうぞ。

 他の物販ではマスキングテープ、Tシャツ、バッグ、カードなど。
 行かれる方は、事前に公式サイトでのプリンター出力やスマホチケット、コンビニなどでチケットを買っておくのがお薦めです。現在、平日でもチケットを買う行列は20分以上かかります。

| | TrackBack (0)

« October 2016 | Main