« オメガ | Main | はやぶさ »

05/03/2010

日本中を歩いてみた

 完全復元伊能図全国巡回フロア展in多摩という伊能忠敬の測量地図全214枚をつなげて、その上を歩けるという企画展が近所(でもないか)で開かれたので、行ってきた。1日から3日間で今日が最終日。GW唯一の外出である。
 いや、もう、GW期間中は市内を歩くウォーキングイベントがあり、23℃という気温に晴れという好条件のため、かなりの人手だった。会場の小金井公園なんてなにもないのに人が凄い。小さい子供はそういうところで遊ぶ方がいいんだが。

 まず最初は「時空ナビ」という企画で、明治前期の東京から西荻くらいの地図の上を歩き、専用の杖で位置を差し示すと、iPod touchやネットブックの画面に、その地点の明治後期~現在の地図が表示できるというもの。お台場の埋め立てが順に見えるのもおもしろいが、指導員の爺さんがハイテクを説明するギャップもおもしろい。
 そして、日本を歩く。
Img_0428Img_0429

全体が28mm準広角では収まらなかった。

Img_0435
地図のつなぎ部分にある方位盤。これが4種類あり、コースターとして売っていた。

Img_0440Img_0447
大図と中図の琵琶湖。時代が違うのか、一部形が違う。西湖が干拓されてないな。

Img_0450_3
中図と小図なら一度に収まった。

 ホントに測量することそのものが目的なんだな。城はあるけど、伊勢も出雲も神社書いてない。そのくせなぜか京都だけは市中の通りが細かく書いてある。
 なかなか価値ある500円だった。

Img_0454

帰りの公園で見事なツツジ。光の加減もあるが、微妙に色が違う。
市の文化財指定を受けているようだ。

|

« オメガ | Main | はやぶさ »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本中を歩いてみた:

« オメガ | Main | はやぶさ »