« torne | Main | 散歩 »

03/19/2010

都青少年健全育成条例改正案、審議継続

 先週の記事で取り上げた東京都が非実在青少年の性的行為を規制するという問答無用のふざけた条例は、本日の会議で全委員が継続審議で一致した。可決とならなかったのは僥倖だが、否決ではない。6月の定例議会で可決に向けて自民党・公明党はやる気満々である。まだ反対で意思統一されていない民主党が不安材料。これから議員に向けて手紙を書いて意見を言わなければならない。言わなければ黙認ととられるだけだ。

「3ヶ月間にわたる非実在青少年規制戦争が始まる!」

 ――なんて、映画の煽り文句なら良いんですけど、そうじゃないところに問題が。

 反対の方は気を抜かずに活動を。賛成の方、まだよくわからない方は下記のリンクに目を通して、よく考えてください。その上で賛成なら、それはそれでかまいません。


東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイト

条例改正案への反対意見・反対声明など

日本ペンクラブの声明
 石原都知事も会員です。

太田出版の反対署名お礼と報告

図書館協会の要請

日本アニメーター・演出協会声明


反対記事や意見など

緊急!東京都が児童ポルノ規制の美名の下、思想統制への道を開こうとしている
 評論家・松浦晋也氏がP日経BPに書いた記事。

松浦晋也のL/D
 上記、松浦氏のブログ

都小Pが、東京都の保護者の声を代表していない理由
 作家・川端裕人氏がPTAの実体について。

「非実在青少年」規制:目に見える形で反論を提示する
 作家・山本弘氏の意見。氏らしいデータを示した上での論考。

東京都青少年健全育成条例改正についての意見書
 社会学者、首都大学東京教授・宮台真司氏のブログ

愛媛新聞
 この記事はとても短いですが、わかりやすくて、しかも辛辣。全国紙にこういう意見がまったくないのは遺憾。


 他にも条例案を出した委員自身がPTA会長だとか、推進する都幹部が志布志事件の関係者だとか、部会の議事録に差別意識丸出しの発言をしている委員がいるとか、規制する側の無知と偏見が透けて見えるようなイヤな話が多い。
 臭い物にフタをすれば問題がなくなると思っている。子供はバカだと思っている。
 そうじゃない。猥雑なところから選び出す力を子供は持っている。それを信じろ。
(もちろん、ある程度のゾーニング&レイティングは必要だし、今のゾーニングがよいとは思っていない。特にコンビニ。そして、一部の一般向けコミックもやり過ぎだと思う)

 そして、大阪府でもこんな動きが――。
アニメ性描写規制、橋下知事も検討 まず実態調査
 まず実態調査となっているので、何もなくいきなり規制しようとする東京都よりはマシですが。

|

« torne | Main | 散歩 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 都青少年健全育成条例改正案、審議継続:

« torne | Main | 散歩 »