« ホンダの自立型一輪車 | Main | ひとつ終わり »

09/24/2009

Wii&PSP値下げ

 任天堂はゲームマシンWiiの価格を10月1日に25000円から20000円に値下げすると発表した。
 これまで値下げはないと言い放っていたというのに、いきなりの値下げ。スタートからWiiFitまでは好調で新型ゲームマシンのトップを走っていたものの、このところソフトがぱっとせず、モンハン3で従来路線のコントローラーでの勝負をかけた。しかし、クラシックコントローラーPRO同梱版は売れたものの、通常版は売れ残って値崩れしてしまうというていたらく。サードパーティからリモコンの有効な使い方をしたソフトが出ないことが問題で、それならもっと早く通常のコントローラーをメインにすべきだった。実際、サードパーティからのゲームが売れないという悲鳴まで聞こえていた。そこにPS3の値下げ。すでにソフトは出そろっているが、本体の価格のせいで売れなかったという側面が大きかっただけに1ヶ月たらずで記録的な売り上げ。では、同じようにWiiも今回の値下げで息を吹き返すのかというと、それだけではどうしようもないのではないか。このままでは前のハードGAMECUBEと同じ道をたどることになるだろう。任天堂は独自路線を歩みすぎたという気がする。値下げだけではなく、クラシックコントローラーPRO同梱に変更し、クラコン対応のゲームを増やすほうが効果的だと思うのだが。

 と、書いた後、10月1日からPSP(PSP-3000)も3000円値下げで16800円になるという情報が。PSPはモンハン2以来好調なだけにこれは間違いなく追い風。
 しかし、おもしろいのはPS3もPSPも当初は売れ行きが伸びずに苦戦していたのを持ち直させたこと。以前のソニーとはまったく違う。任天堂も色々手を打ってはいるものの、決め手に欠ける印象。やはり、当初リモコンで成功した分、それが枷になっているのではないか。

|

« ホンダの自立型一輪車 | Main | ひとつ終わり »

ゲーム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Wii&PSP値下げ:

« ホンダの自立型一輪車 | Main | ひとつ終わり »