« amazonのミス改訂 | Main | iPod touch不具合修正 »

09/26/2007

DARK PASSION PLAY

NightwishDARK PASSION PLAY / NIGHTWISH

amazon
@TOWER

 NIGHTWISH、待望の6thアルバムがリリースされた。
 このNIGHTWISHはフィンランドのヘヴィメタルバンド。母国ではゴールドディスクを獲るほどのメジャーバンドで、前作はアメリカでも大ヒットしているが、日本ではまだそこまでメジャーになっていない。こういうジャンルに興味のない方も公式サイトで試聴していただきたい。きっとイメージが変わると思う。

 昔から人気バンドのフロントマンであるヴォーカリストを代えるという場合、様々な問題が起こってきた。ほとんどの場合、マイナスにしかならない。偉大なバンドであればあるほどマイナスになる。ヘヴィメタルの代名詞とでもいうべきJUDAS PRIESTとIRON MAIDENの場合もそうだった。ふたつのバンドは新ヴォーカリストにあわせて楽曲を書いた。違いはJUDAS PRIESTの新ヴォーカリストは以前の曲も遜色なく歌いこなせたが、IRON MAIDENの新ヴォーカリストは以前の曲を歌うには苦しかったという点だ。結局どちらもアルバム数枚で元のヴォーカリストが戻ってくるという結果になっている。ファンの反応も怖いが、他のメンバーと新ヴォーカリストとの距離感・疎外感が解消できないなど色々な問題があるわけだ。

 さて、NIGHTWISHの場合も前任ヴォーカリスト、ターヤ・トゥルネンが電撃的に解任された時、これで終わりだという声が少なからずあった。ターヤは音楽大学で専門的にクラシックとオペラの勉強をして、まさにオペラティックな歌い方をヘヴィメタルに持ち込み、母国フィンランドだけでなく世界的に成功したのだから、それに代わるヴォーカリストなどおいそれといないだろうというのが大半の見方だった。NIGHTWISH=オペラメタルという構図で見るなら、確かにその通りかもしれない。しかし、1stアルバムではターヤのヴォーカルはさほどオペラティックではなく、しかも、男性ヴォーカルと半々くらいの割合で分け合っていた。つまり、ナイトウィッシュはオペラメタルを意識して結成されたバンドではないということだ。そして、オペラメタルは4thで究極に行き着き、5thではすでに一部の曲で違うアプローチも取り入れていた。バンド側も意識してその変化をしたとインタビューでも述べており、すでにNIGHTWISH=オペラメタルという図式は当てはまらなくなっている。そこにヴォーカリストの交代。これは完全なるオペラメタルとの決別宣言である。ここに来てオペラメタルを求めるのは間違っている。

 それはともかく、ニューアルバムである。新ヴォーカリストはALYSON AVENUEというポップロックバンドにいたアネット・オルソン。特にクセはなく、北欧のイメージから受けるとおりの伸びやかな声だ。
 1曲目、ささやき声の入る静かなオープニングから、オケとバンドによる強烈なアタックを食らった瞬間、傑作の予感がした。アネットのヴォーカルも高音から中音まで表現力豊かだし、パワーの必要なところは充分に力強い。演奏はいつも以上に気合いが入り、重く、アレンジは複雑。曲調は従来路線もあるが、テクノ路線に足を踏み入れた前作の"WISH I HAD AN ANGEL"のようなアレンジもある。全体的にさらにハードでヘヴィなHMに向かっている。特に5曲目までぎっしりと音の詰まった曲が続くので、聴いている方にも体力を要求するほどだ。12曲目に過去の曲フレーズが出てきたのは意外だった。歌詞については色々な解釈があるだろうから口をつぐむが、色々複雑な感情は読み取れるよなぁ。
 ひとつのバンドのアルバムとしては文句なく素晴らしい。まだ「これがNIGHTWISHだ!」と断言できるほど自分の頭の中で過去を払拭していないが、新生NIGHTWISHとしてはこれ以上ないほどのアルバムだろう。ボーナストラックを入れて14曲80分というヴォリュームは疲れるが(^_^;) とにかく、次作で名実共にバンドの一員となったアネットの作品も聴いてみたい。なんせ、今作ではできあがった曲を歌うだけだったのだから。

 リンクしたアルバムは初回限定でボーナス以外の全曲のインストバージョンを収録した2枚組。ヴォーカルが気に入らなかったら自分で歌ってみなという挑戦かと思ったが、インストだけでも充分聴けるというバンド側の自信もあるのだろう。それくらいアレンジ、オーケストレイションは凝っている。通常版もあるが、インストだけも面白い。

|

« amazonのミス改訂 | Main | iPod touch不具合修正 »

ヘヴィメタル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference DARK PASSION PLAY:

« amazonのミス改訂 | Main | iPod touch不具合修正 »