« 泡泡 | Main | タイトル未発表 »

07/09/2007

河童のクゥと夏休み

Kappa河童のクゥと夏休み

 水野氏が試写のお誘いをしてくれたので、観てくる。
 当初は地味すぎる絵柄に興味はなかったのだが、監督が『クレヨンしんちゃん』の傑作群(ブタのヒヅメ、オトナ帝国、戦国etc.)の原恵一なので、ただの田舎ノスタルジー物ではないだろうと期待していた作品。実は試写の機会は前にあったのだが、残念ながら用事で行けなかったのだ。というわけで、リベンジマッチ。
 児童文学を元にしたオリジナル脚本ということで、監督の嗜好がそのまま反映されている。江戸時代から始まるオープニングは驚いたが、その後はひたすらコツコツと丁寧に河童と家族、主人公の周辺を描き出していく。この丁寧が曲者。やりたいことはわかるのだが、起伏がないから単なるエピソードの羅列で、単発ギャグすれすれになっている。もう少しテンポをよくする工夫がないとだれてくる。特に子供の興味をつなぎ止めるのは難しい。クライマックスであるはずのエピソードもさほど盛り上がらず、すべてが終わった後もゆっくりじっくり。それで130分オーバー。子供にはつらい上映時間だ。子供に観てもらいたい話だからこそ、120分は切って欲しかった。全体の印象は「しんちゃんのいないクレしん」というところ。佳作ですが、丁寧すぎて薦めどころが難しいという点で『アイアンジャイアント』とか『主人公は僕だった』なんかを思い起こしてしまった。そのどっちよりも上映時間長いし。

|

« 泡泡 | Main | タイトル未発表 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 河童のクゥと夏休み:

» 「河童のクゥと夏休み」夏は手放し運転の自転車で駆けて行く [soramove]
「河童のクゥと夏休み」★★★★オススメ 原恵一 監督、脚本 まだ名古屋駅の前にミッドランドスクエアもなく、 松竹座というせりだした二階席を持つ 試写会以外満席になったのを 見たことが無い映画館があった。 アニメの優先順位が低いので 自分がクレ...... [Read More]

Tracked on 08/08/2007 21:58

« 泡泡 | Main | タイトル未発表 »