« オブリビオン到着 | Main | ブレードランナーTHE FINAL CUT »

07/27/2007

カレッジ・オブ・ザ・ウィンド

 気温30度を超える蒸し暑い中、夕方から池袋まで出かけてキャラメルボックスの芝居。
 先に池袋の宮城ふるさとプラザで伊達の牛タンを食べる。久しぶりの芯タン定食。伊達の牛タンは味が妙に濃くて、あまり好きではないが、芯タンは分厚いせいもあるが、それほど気にならない。限定30食(昼夜一五食ずつ)で値段が少しだけ高くなるが、これならOK。
 芝居は3度目の演目になり、前回は見ている。相方は3度すべて見ているようだ。キャストが若返ったせいもあるし、主役が劇団外の女優ということもあり、フレッシュではあった。それ以上の何かといわれると個人的にはなかったかな。というか、同じストーリーを俳優や演出を変えてもう一度見るということに、あまり興味がないのか。ガラッと変えるならともかく、マイナーチェンジに留めるなら見なくてもいいと感じている自分がいる。好きな女優さんを見てるのはいいんだが。大内さんのギャグ演技が西川さんの雰囲気に近づいてきた気がするのは気のせい? それとも、2代目西川(勝手に引退させるな)を襲名するのか?(^_^;)?

|

« オブリビオン到着 | Main | ブレードランナーTHE FINAL CUT »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference カレッジ・オブ・ザ・ウィンド:

« オブリビオン到着 | Main | ブレードランナーTHE FINAL CUT »