« いつもの宴会 | Main | 進捗:ここまではOK »

01/17/2007

GR1

Gr1リボルテック ジャイアント・ロボ

amazon

 海洋堂製作の可動関節を搭載したフィギュアシリーズの第18弾。来月にはGR2が出る。しかも、なぜかGR1のパーツつき。
 このアニメのおかげで映画音楽においてテンプトラックというものの存在が表に出て、当時のパソ通でパクリやオマージュなどといった論争が巻き起こり、それにかんだひとりとして、色々な人と出会ったという意味でも思い出深い作品。などということは置いておいて、小林誠による秀逸な(でも動きにくそうな)デザインのジャイアント・ロボである。かなりデザインに近いうえに、14個の関節でポージングも色々とれる。自立ももちろん可能。またアニメを見ようかなという気になってきた。
 で、このアニメ版の今川監督が脚本をやっているコミック版がチャンピオンRED誌で連載中。ぶっ飛んでいるようです。いきなり国際警察機構九大天王とか出てくるし、悪役顔ばかりだし。とっとと単行本が出ないかと待ってます。
 そういえば、新しいアニメ版もあるんだよな。全然違うけど。

|

« いつもの宴会 | Main | 進捗:ここまではOK »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference GR1:

« いつもの宴会 | Main | 進捗:ここまではOK »