« amazonの処理 | Main | つまみぐい »

12/07/2006

少年ラヂオ

 キャラメルボックスの芝居。大正末期を舞台にした活劇――ということになるのだが、タイトルといい、ポスターといい、内容といい、簡潔に説明するのが難しい話。文庫で言うと、帯の売り文句を考えるのが難しい。自分の本のような……というと怒られるか。アクションも多いし、俳優がそれぞれぴったりの配役なので、見終わった時の満足度は高いのだが、宣伝の難しさが客足に影響しているのは間違いない。チケットはあまっているそうなので、スカッとしたい人は是非足を運んでください。終演後、先日の宴会でお会いした加藤プロデューサーにそう言うことを伝えると、「そうなんですよ」と(^_^;) 出来がいいだけに悔しい感じ。

|

« amazonの処理 | Main | つまみぐい »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

銀座でのシーンとか、ゾクゾクしますよね。
ほんと、もっと、みなさんに観て欲しいです。
できれば、Wキャストなんで、そのあたりもチェックしてください。

Posted by: 旅人 | 12/08/2006 00:35

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 少年ラヂオ:

« amazonの処理 | Main | つまみぐい »