« 宴会 | Main | トゥモロー鶴齢 »

11/27/2006

マウスを買い換え

 3週間くらい前からマウスが挙動不審になっていた。左クリックの反応がおかしい。以前は軽くクリックしただけでよかったのに、思い切り力を入れないと反応しない。そうかと思うと、勝手にダブルクリックしたことにされるので、原稿を書いていて思い通りの場所にカーソルがいかず、選択するのも一苦労。パッパッとやりたいところが何度もやり直して――そのうち、ぶち切れて「こんボケッ!」と怒鳴ってマウスを叩きつけた。と、調子がよくなる。最初はPCが裏で何か読み込んだり、ウィルスとかスパイウェアとかで動きが重くなっているのかと思ってスキャンをしたが問題はなかった。で、この衝撃を与えると動作が戻るというのでホコリか何かがボタンの下に入っているのかと考えた。が、分解できない。叩き続けても、しばらくするとまた鈍くなる。ついに面倒になって新しいマウスを買うことにした。店頭で色々触って手に合うもの、しかも、あまり高くないものを物色。ずっとマイクロソフト製だったのだが、今回ので見切りをつけてロジクール製のワイヤレスマウスMX610にする。昨年の製品だが、大きさが一番よかった。メールとかメッセージとか不要なボタンが多いのだが、ワイヤレスのレシーバーがUSB端子についているので、邪魔にならない。レシーバー兼充電器がないため充電式ではないが、PCの起動にあわせて勝手に電源オンオフしてくれるのはありがたい。電池は充電池使えばいいわけだし。amazonのレビューでは挙動に不評もあったが、うちの環境では問題なし。不満点はホイールの加速設定がないことか。とにかく、これでマウスを叩きまくる生活から解放されたよ(^_^;)

|

« 宴会 | Main | トゥモロー鶴齢 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/12842435

Listed below are links to weblogs that reference マウスを買い換え:

» スパイウェアの撃退法 [スパイウェアの撃退法]
個人情報を勝手に外部に送信したり、ボップアップウィンドウを表示させる厄介なプログラム [Read More]

Tracked on 11/28/2006 at 21:05

« 宴会 | Main | トゥモロー鶴齢 »