« スーパーマン・リターンズ | Main | 旅の途中 »

08/24/2006

増えたり減ったり

 国際天文学連合(IAU)が太陽系の惑星の数を12個にしたり8つにしたりと、この数日報道されてるが、肝心の惑星の定義については全くと言っていいほど報道されていない。数が変わるのは定義が変わることの結果に過ぎない。とか言いながら、やっぱり冥王星がなくなるのかどうかは興味がある。で、ようやく決着がついた。惑星の定義について二つの案を投票にかけて決定。結局、惑星の定義とは、「太陽の周りを回り、充分重いために球状で、軌道近くに衛星をのぞく他の天体がない天体」となった。えーっと、充分重いって科学的なのか? その結果、冥王星は除外され、「太陽の周りを回り、充分重いため球状だが、軌道近くに他の天体が残っている、衛星でない天体」として矮惑星と定義された。ケレスなども同じ。これにて騒動は決着。水金地火木土天海。

 そう言えば、ホルストの『惑星』(『スター・ウォーズep.4』の帝国のテーマがそっくりといわれた火星とか、勝手に日本語の歌詞をつけられた木星とか)で、コリン・マシューズが冥王星を付け加えたバージョンがあるわけだが、ホルストはこう言うことがあると思って書かなかったんだね――なんてことはないのだが、結果的にそうなったな。

|

« スーパーマン・リターンズ | Main | 旅の途中 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 増えたり減ったり:

« スーパーマン・リターンズ | Main | 旅の途中 »