« 大神クリア | Main | TOMB RAIDER:LEGEND »

04/27/2006

クロノスジョウンター

 キャラメルボックスの梶尾真治原作『クロノスジョウンターの伝説』の2話、3話を舞台化した芝居を観てきた。実は原作は1話だけしか読んでいない(すみません>梶尾さん)ので、原作との違いは相方に聞いた。まあ、これは原作にはない要素だろうと思った物は確かにその通りだった。ただ、まあ、その部分がどうにも違和感が残って、考えると気になるなぁ。そんな設定なら、あれもこれもできるじゃないかという不満が残るのだ。SFじゃなくてファンタジーだからいいんだと言われるとそうなのだが、やはりSFとして芯を通して欲しかった。全体として悪くないんだけどね。1話目と違って、完全な(いや、本人たちとすれば不安もあるだろうけど)ハッピーエンドなので後味がいいし。その分、このもやもやがなければもっとよかった。他にも手はあると思うからなおさらに。

|

« 大神クリア | Main | TOMB RAIDER:LEGEND »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference クロノスジョウンター:

« 大神クリア | Main | TOMB RAIDER:LEGEND »