« 進捗ing | Main | アカデミー賞 »

03/05/2006

二日遅れの雛祭り

 と言うわけではないが、自宅で宴会。土壇場で来られなくなった人が数名。結局7名になった。
AMAZAKE萩乃露 吟醸あまざけ
 精米歩合:55%
 使用米:山田錦

 これが手に入ったので雛祭りという名目の宴会を開くことにしたようなものだ。滋賀の酒蔵が少量だけ作っているが、日持ちがしないので東京のデパートのフェア用でしか出していないとのこと。スペックを見ればわかるが、吟醸酒と同レベルに山田錦を磨いて作った甘酒だ。アルコールはなし(アルコール発酵するには酵母が必要なので、米麹だけではアルコールは生み出されないわけだ)。

 他に飲んだのでブログ初登場なのは、次の2本。

KAMEKAME亀亀覇 山廃仕込 純米吟醸 亀の尾仕込み
 アルコール分:17~18%
 日本酒度:+3
 酸度:2.0
 精米歩合:53%
 使用米:秋田県大潟村産亀の尾
 酵母:蔵付天然酵母

 お気に入りの不老泉と同じ上原酒造で亀の尾を使ったシリーズ。不老泉と同じく香りはあまり強くないが、しっかりした味と酸が特徴。

7HON80七本槍 低精白純米80%生原酒
 アルコール分:18~19%
 日本酒度:+5.5
 酸度:2.0
 精米歩合:麹米55%・掛米80%
 使用米:玉栄
 酵母:協会7号

 初めて呑む滋賀の酒。名前はよく聞くのだが、東京では見たことがなかった。レッテルにもある七本槍の文字はここの酒を贔屓にしていた魯山人が彫った店の看板から取ったそうだ。しかし、初めて呑むのに、いきなり精米歩合の低い酒というのもどうかと自分でも思うが。この場合、玄米の20%を削って捨てて、残った80%で酒を造るということで、普通の吟醸が60%というのと比べるとかなり違うのがわかる。ちなみに、普通に食べている白米は90%程度。

 他に自家製梅酒と木戸泉AFS1975年物など。『ウォレスとグルミット』シリーズと『コープス・ブライド』を見ながら23時過ぎまで。

|

« 進捗ing | Main | アカデミー賞 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 二日遅れの雛祭り:

« 進捗ing | Main | アカデミー賞 »