« dancyu3月号 | Main | HD予告編 »

02/06/2006

松下電器から

 多分、同じものを受け取った人も多いと思うが、FF式石油暖房器の不具合問題で、ハガキが届いた。表書きに住所がない。配達地域指定冊子小包――つまり、全世帯に届けているわけだ。これはちょっと感動した。もちろん、不具合のない商品を作り、確実に修理するのが企業としての目標なわけだが、失敗した後、回収が進まないからといってここまでやるというのは素晴らしい。アホな企業家が多い中、これは正しい姿勢だ。少しは見習え、最近のニュースに出てくる連中。

|

« dancyu3月号 | Main | HD予告編 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

 我が家にも先日届きましたから,本当に全国規模で行っているようですね。
 企業の不祥事が多いいま、これだけのことをやるというのは、イメージせん略としてもマイナスをプラスにしてますね。

Posted by: 林 譲治 | 02/06/2006 17:23

うちも来ました。自宅も職場も。
TVCMは言うに及ばず、全国規模の長寿番組「歌のない歌謡曲」内のラジオCMでも流れていました。
これだけメディア展開したあとだけに今になって、葉書が来るのは意外でした。
でも、とっくに捨てられたものもあるだろうし、製造したものがすべて回収及び特定できるはずはないから、この努力はいつまで続くのか…?

Posted by: ZO | 02/06/2006 18:05

最悪生死にかかわることなので、
当然と言えば当然ですけど、なかなかできることじゃないですね。松下電器の経営者のみなさんは、健全な方が多いのでしょうね。
個人的に松下電器の商品は好きなので、
回収頑張ってほしいです。

Posted by: のもっち | 02/07/2006 01:34

 社員が友人にいるので、聞いた話では、各部署から20人に一人の割で引き抜いた特別編成チームによる対応だそうです。(つまり、社員の5パーセントを投入している訳だ)
 それだけ体力のある大企業ってこともあるのだろうけど、こんな全社規模の組織体制の改変までやって対応する企業というのは、そうはないでしょうね。

Posted by: 神北恵太 | 02/07/2006 10:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 松下電器から:

« dancyu3月号 | Main | HD予告編 »