« 某RPGで | Main | 原稿 »

12/11/2005

キング・コング、ノベライズ

KINGKONGNOV1キング・コング
田中芳樹著 集英社刊

amazon

 ピーター・ジャクソン監督の『キング・コング』の日本版ノヴェライズ。こちらは単行本で、ケース入り。表紙裏表としおりは寺田克也の書き下ろしイラスト。さらに四つ折り映画ポスターつき。文庫版にはない田中芳樹インタビューも収録。帯には夢枕獏の推薦文と豪華。それにしても、田中氏の小説を読むのはずいぶん久しぶりである。
 オリジナル版のノヴェライズは公開当時に書かれたものなので、時代背景などはあまり描かれていないが、今回は現代の読者向けにそこを折りに触れて書き加えているところがいかにも田中氏らしい。中身はシナリオを読んで、かなり自由に設定変更して書いたということで、例えば先に紹介した洋書での設定(スカル島は滅びゆく島)などはシナリオになかったらしく考慮されていないし、コックはオリジナル版同様に中国人だ(PJ版ではアンディ・サーキスがコングと二役)。他にもオリジナル版そのままの個所は多い。同時進行の欠点というところか。もっとも、田中氏は自由に書きたかったようなので、今回はオリジナル版ともPJ版とも微妙に違う(でも、どっちかというとオリジナルに近い。『ロード・オブ・ザ・リング』同様のPJらしい暴力性は田中氏の好みじゃなかったようだ)第3のキング・コングという楽しみ方をすべきだろう。映画版のノヴェライズはいずれどこかから翻訳出版されるだろうし。
 で、結論としてはちょっと物足りなかった。描写があっさりしているせいなのか、秘境冒険物らしいワクワク感が足りない。もう少し雰囲気をかもし出して欲しかった。ちなみにPJ版ノヴェライズはペーパーバックで370ページもある。量的に考えても1.5倍くらいはありそうだ。

KINGKONGNOV2キング・コング

amazon

 こちらは文庫版で、単行本にはない映画のスチール写真が幾つか載っているが、イラストやインタビューはなし。小説だけ読めればOKという人はこちらをどうぞ。

|

« 某RPGで | Main | 原稿 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference キング・コング、ノベライズ:

» こんなに違う!? 小説版『キング・コング』読み比べ! [海から始まる!?]
 今、書店に行くと小説版『キング・コング』が何種類も並んでいます。原作(と言ってもノベライゼーション)が50年以上前の作品なので、版権がフリーになって、それで何社も出せるんですね。最初に映画化された『キング・コング』が1933年で、最初のノベライズは1932年に書かれたもののようです。... [Read More]

Tracked on 12/22/2005 03:53

» リアルすぎる?新「キング・コング」 [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 旧作の「キング・コング」(1933年)は少年時代から大好きで、3回ぐらい観た記憶がある。新作の「キング・コング」を観たが、どうしても思い入れのある旧作と比較してしまう。「旧作を忠実に再現…」と書いているブログ、大絶賛ブログが多いようだが、そうかな、と首....... [Read More]

Tracked on 12/30/2005 21:04

« 某RPGで | Main | 原稿 »