« 一太郎 逆転勝訴 | Main | MF文庫Jヤングアダルト新人賞 »

10/02/2005

純米酒フェスティバル

 椿山荘で開かれた純米酒フェスティバルに参加。(株)フルネットが主催する50蔵が参加して純米酒だけを利き酒&呑み食いできるフェア。参加料5250円でほぼ呑み放題。おまけに帰りには4合ビンをひとつもらえる。参加者は霜島ケイ、高瀬美恵、中村龍徳&相方、宮村和生の5名。時間とアルコール分解能力の限界もあるので、50蔵のうち、20蔵程度しか回れなかった。以前飲み会でお話しさせてもらった雁木の専務に挨拶し、奈良萬、龍力、獺祭、開運、李白、小左衛門、南、雪の茅舎、七冠馬、道灌、尾瀬の雪どけ、不老泉、千代むすび、まんさくの花、加賀鳶、作……。それぞれ3~8銘柄出展しているので、すべて制覇は不可能。飲食店や酒屋などプロも多く、真菜板の杉田氏、おかげさんの神崎氏など有名人の姿も。『世界一旨い日本酒~熟成と燗で飲る本物の酒』の著者:古川氏も。この本の凄いところは「純米生酒の常温熟成の薦め」である。さすがに恐ろしいし、失敗したらと思うととてもできないのだが、ご本人に尋ねてみた。しっかりした作りの酒なら失敗したことはないとのこと。そのうちやってみるかぁ。さて、これだけ呑んだの中で今回一番のヒットだったのが、不老泉 山廃仕込み純米大吟醸木桶仕込み無濾過生原酒。まろやかで、ほのかに木桶の香りが残り、それが邪魔でない。幸せな酒だった。隣で旨い旨いと言って呑んでいるお姉さんが「杉田さんが好きそうですよ」と言うので見ると、真菜板の杉田氏が。こちらも「うん、いいねぇ」と何度も呑んでいた。特別純米原酒参年熟成と甲乙つけがたいが、こちらの方が甘みが強いか。もうひとつのヒットが奈良萬 純米大吟醸生酒。非売品だったが、奈良萬らしいほわっとした優しい感じが最高。ぬる燗がいい。別の酒を燗つけていたので呑んだが、これもいい。帰り際にもらったのは、尾瀬の雪どけ純米吟醸ひやおろし生づめ原酒。6人全員が違う銘柄だった。
 終わってから、ろくに話もできなかったので、池袋に戻り、坐唯杏でちょっと一杯のつもりが23時まで。まあ、酒はあまり呑まなかったけど。

|

« 一太郎 逆転勝訴 | Main | MF文庫Jヤングアダルト新人賞 »

日本酒」カテゴリの記事

Comments

なんと!
4合瓶までいただけちゃうのですか!?
す・・・すごいですね。
しかも、燗までつけてくれるとは。
これは次回は絶対に行きたいです~~。
「世界一旨い日本酒」という本はとっても読みたいと思っています。
常温ほったらかし保存、なんだか魅力的です。

Posted by: まき子 | 10/03/2005 16:39

純米酒フェスティバルには第1回(確か会費は3,500円だったような?)から5年間位毎回顔を出しましたが、お陰さまで卒業させていただかせました。

酒は嗜好品ですので、各人各様の好みで結構なのですが、40年余り酒遍歴を経た今のワダスの好みは「世界一旨い日本酒」のコメントとは対極にありまして、ビシビシに火入れして常温熟成させた純米燗酒に惹かれております♪

Posted by: 狼亭 | 10/07/2005 23:54

>まき子さん
 元は取れますので、是非。

>狼亭さん
 mixiではお邪魔いたしました。
 そうですね。味の嗜好は年齢と共に変わっていきますからね。私も飲み始めた頃とはだいぶ変わりました。火入れ酒の常温熟成も好きですよ。30年物とかも凄いと思いましたし。

Posted by: SOW | 10/08/2005 00:11

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 純米酒フェスティバル:

« 一太郎 逆転勝訴 | Main | MF文庫Jヤングアダルト新人賞 »