« なんとか進んでいる | Main | 打ち合わせ、なのか? »

08/04/2005

電車男

 先日(といっても結構前だが)、初めてTVシリーズ版『電車男』のオープニングを見た。DAICON IVオープニングアニメだとかトワイライトだとかは聞いていたので、まあ、確かにそうだなと確認したわけだ。1話目がどうだったのかわからないのだが、時間の制約があるとはいえ、あれでは不完全だ。E.L.O.の"TWILIGHT"はいい。しかし、DAICON IVオープニングアニメはその前の曲である"PROLOGUE"から始まっているのだ。あれがあるからこそ、あの一気に視界が広がるような出だしが生きるのだ。あれはいわば序曲のようなものなのだ。
 DAICON IVは1983年。その2年前にアルバム"TIME"がリリースされ、知っていただけに、オープニングであれが流れたときには鳥肌が立つのを感じたものだ。当時のアマチュア集団DAICON FILMが作ったアニメを、現在最先端のアニメスタジオGONZOがリスペクトして作るというのは因果応報、じゃない、三つ子の魂百まで、じゃない、えーっと、何かそんなものを感じるなぁ。

電車男 サウンドトラック
amazon
 というところで、サントラが出るらしい。が、音楽にはまったく惹かれなかったので買う気はない。しかし、おまけとしてオープニングアニメを収録したDVDがついてくるという。そっちだけは見たい。できれば、"PROLOGUE"も収録して完全なものを作って欲しい。

TIME / E.L.O.
amazon
 で、"PROLOGUE"が収録していなかったら、オリジナルを聞いて欲しい。名盤です。ベスト盤も出てるんだけど、そっちには"PROLOGUE"が収録されていないので不可。

|

« なんとか進んでいる | Main | 打ち合わせ、なのか? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 電車男:

« なんとか進んでいる | Main | 打ち合わせ、なのか? »