« 落札通知 | Main | キングコング »

06/29/2005

宇宙戦争

 スピルバーグの『宇宙戦争』を初日に観に行く。正直、SWep.3よりもこっちに期待していた。
 原作は小学生の頃にジュブナイルを読んだだけだったと思うので、今回読み直してみた。でも、記憶とあまり変わらなかったので、ちゃんと読んでいたのかもしれない。もっとも、今回の映画化は時代も舞台も違うので、比較は意味ないかも知れない。時代は100年以上違うので、当然こちらの文明の利器がまったく違う。敵はほぼ同じ。主人公は原作では当時の知識人で妻ひとりだったが、映画ではブルーワーカーの一般人で妻とふたりの子持ちになっている。もっとも、離婚して、週のうち数日だけ子供を引き取るという生活。引き取ったその日に事件が起こるわけだ。原作は火星人の襲撃から逃げまどう知識人の覚え書きだったわけだが、映画でも基本ラインは同じで、なすすべもない災害に襲われた一般人がいかに生き残ったかをメインに描いている。ある意味、原作に忠実だ。
 ユナイテッドシネマとしまえん、スクリーン8、THXシアター。平日だが、50人くらいはいたろうか。終演後の反応はほとんどなし。
 結論から先に言うと、B級SFだと思って観れば充分おもしろいが、スピルバーグの超大作SFと思っていると、たいしたことない。シネスコじゃなく、相変わらずのビスタサイズだし。破壊シーンやサスペンス演出はなかなかよくできているが、言ってしまえば、原作の何のひねりもない映画化である。SF版『プライベート・ライアン』の戦闘シーンを観たいなら、これでOK。

 以下、原作と映画のネタバレがあるので、気にする人は読まないでください。

 ティム・ロビンス演じるオグルビーというキャラがいるのだが、これが原作と最も変わったポイントだろう。原作では序盤に白旗を掲げて最初に熱線で殺されるが、映画ではそれとは関係なく、砲兵と牧師をあわせたキャラになっている。というわけで、原作のひ弱な牧師がたくましくなって、出来もしないことを言いつつ、いざとなると大声を上げて主人公を追い詰めるわけだ。でも、この辺りの描き方が中途半端で、心理描写が弱い。しかも、肝心の対決シーンは見せないのはいいとして、いまいち伝わらない。
 娘は悲鳴上げてばっかりで、その顔の方が怖い。ダコタ・ファニング、スクリーム女優へ一直線か?
 エイリアンのデザインはどこか見たことがありすぎ。もうちょっと芸のあるデザインはないのか? 指が3本なのはジョージ・パル版へのオマージュだろうけど。で、エイリアンは有史以前から計画していたのだろうが、そのくせ細菌対策を何もしていないというのはどういうことか。よほど食い意地がはっていたバカというこか。情けなすぎ。どこの星を侵略しても同じだな。こんなエイリアンが繁栄できるわけがない。この辺り、『ID4』の方がマシ。以前こうじゃないかと考えたのが、数万年前、火星で冷却して生活できなくなった火星人が地球に飛来し、環境が火星に近くなるまで外気には触れずに冬眠。今になって起きて活動開始。が、細菌に負けた――というパターン。こっちの方がマシじゃね? いやー、ホントにエイリアン、何しに来たの? このアホさ加減が脚本家の頭の中を見ているようで、ますます情けない。これが売れっ子脚本家なんだから、『バットマン・ビギンズ』の時と同様、ハリウッドって大丈夫なのか?
 だらしなくて、無責任で、ダラダラと生きて、妻にも愛想を尽かされた主人公がこの災害を通してどうなるのかが、この物語の眼目のはず(そうでなければ、原作同様、科学者とか知識人でかまわない)だが、やはり描写がものたりない。結局、追い詰められないと決断も出来なかったわけで、自分から変化したわけではない。まあ、ラストで大人になりきれない男からようやく父親の顔になったというところで一応は落としているわけだが、これは大人の男ではない。長男が独り立ちしたのとどっこいどっこいだ。
 娘を守りたい一心の主人公がたまたまトライポッドを一機倒す(ケツに手榴弾突っ込む)わけだが、これって『ID4』ですか? これよりいいリメイクができると言い放ったのではないのか、スピルバーグ?
 こうやって考えてみると、何というか、今、これを作った理由がわからない。飛び抜けた原作の解釈があるわけでもなく、古くさくて売りがないのだ。あえていうなら、イラクにしたことを自分たちにして見せたというところか。意味があるとは思えないが。はっきり言って、派手なだけのやっつけ仕事。次のインディ・ジョーンズ4もこんな調子だと、もう娯楽大作は撮らなくていいよ、スピルバーグ。
 ところで、試写を急遽会場変更したりして、秘密を守ろうとしてましたが、いったい何だったんだろう? そうまでしなければ守れない秘密って、まさかこの映画のあまりにもひねりのない出来のこと?

|

« 落札通知 | Main | キングコング »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 宇宙戦争:

» 宇宙戦争 [映画と蹴球と男と女]
これはスゴイ!何がスゴイってスピルバーグの適当ぶりがっ! 宇宙人が地球に埋めて [Read More]

Tracked on 06/29/2005 22:11

» 『宇宙戦争』 [ミスターYKの秘密基地(アジト)]
 仕方がないから、ちょっとだけ書いておきます。  まあ、スピさん以下関係者や宣伝 [Read More]

Tracked on 07/01/2005 08:56

» 『宇宙戦争』  ☆☆☆★★ [映画VS氣志團&タイガー]
始まって10分位でいきなりクライマックス!? アリっちゃーアリ?(とんちんかんちん) 文章長くてすいません・・・。 最近スピルバーグ、トム、ダコタがTV出まくってますね!僕が見たのは「スマスマ」 と「学校へ行こうMAX」。「スマスマ」のゲスト凄かった!バックストリートボーイズに チェ・ジウ、深津絵里に広末涼子そしてスピルバーグにトム・クルーズ!! 誰か1人でも出たらスペシャル... [Read More]

Tracked on 07/01/2005 14:02

» 水鉄砲くらい何だ!「宇宙戦争」を観る(少々ネタバレあり) [ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版)]
 今日はスピルバーグの「宇宙戦争」を観てきた。そもそもは昨日の飲み会(五週連続! [Read More]

Tracked on 07/02/2005 23:14

« 落札通知 | Main | キングコング »