« 今日の献立 | Main | 神の降臨 »

01/18/2005

日本酒の話3

CHI1 とあるところで話が出たちろり《ミニかんすけ》買ってしまいました。業務用の酒用具を作っているサンシンというメーカーの商品。ちょっと値段が張るので少しでも安いところと探していたら、楽天に送料無料のところがあった。で、よく見てみると、盛岡の《あさ開》を造っている(株)あさ開のネットショップではないか。ちょっと縁を感じて即購入。というのも、日本酒を今のように飲み始めたきっかけのひとつは《あさ開》だったのだ。
 今を去ること15年ほど。当時、サラリーマンとして仙台にいた私は出張で上司と一緒に盛岡に行った。冬である。東北である。夕方まで仕事をして帰ろうという時、大雪で東北自動車道は通行止めになった。帰れないのでホテルで一泊。ついでなので、取引先と一緒に接待をかねて、居酒屋で飲むことになった。そこで出てきたのが《あさ開》だった。銘柄は覚えていないが、大吟醸だったろう。地元だから外に出ていない良いものだったのかもしれない。当時は吟醸ブームに火がつく頃で、すっきりとしたよい香りの酒に驚いた。うちの酒は吟醸香があまりしないので、そのギャップが大きかったのだろう。次の単独出張でその酒を買いに走り、実家に送った。その後、会社の酒好きのカメラマンと居酒屋やそば屋を回った。初めて意識が飛んだのもこの頃。色々勉強したねぇ。
 さて、前置きが長くなってしまったが、次回はこの《ミニかんすけ》のレポートをお届けします。

|

« 今日の献立 | Main | 神の降臨 »

日本酒」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本酒の話3:

« 今日の献立 | Main | 神の降臨 »